蜂やシロアリなど生活に潜む害虫退治をしよう│虫ナシ家に快適アリ

インテリア

被害を与える害虫

作業員

プロに相談する

人を攻撃する習性を持つ蜂が住宅に巣を作ってしまった時には、早急に退治を検討することが大切です。しかし、早めに退治をしなければならないからと言って、退治の知識も無いままむやみやたらに巣を攻撃しては逆に刺されてしまう危険性が高まるだけです。蜂の巣を発見した時には、まずは近寄らないように意識し、退治の専門業者に相談しておくと良いでしょう。最近では24時間365日で受け付けている業者も数多く存在しているので、蜂の巣を見つけた時にすぐに相談することが可能となっています。蜂が巣をつくりやすい場所として最も多いのが、天井裏や壁の中と言われています。なかなか普段の生活で確認できる場所でも無いので、最近蜂をよく見かけるようになったという時には蜂の巣の存在を疑うのがよいでしょう。蜂を発見した時に自分で駆除をするには危険が多いので、プロに調査依頼をするのも1つの方法です。

住宅に被害を与える害虫

住宅に被害を与える虫というのは蜂以外にも、シロアリなどがいます。シロアリの場合、人に対して直接的に攻撃することは無いですが、蜂とは違って住宅を蝕んでいきます。どちらの害虫にしても、結果的に被害を被ることに変わりないので、駆除や退治をするのが良い方法と言えます。こうした害虫の被害に遭う前に、できるだけ対策しておくのが良いでしょう。特に暖かい時期になると虫は活動しやすいので、殺虫剤や虫よけの薬剤等を利用して虫が寄せつかない住宅にしておくといった工夫も必要です。自分で出来る方法も数多くあるので、コストをかけずに対策することも出来るでしょう。

ハチの脅威

ハチ

蜂の退治をする時には、蜂の種類を特定しないまま自分で退治をしようとすると逆に攻撃されてしまう可能性があります。まずは蜂の種類を特定してから退治をするのが良いでしょう。

正しい業者選びのコツ

シロアリ

シロアリの対策をする時には、料金相場や見積り書をチェックして優良業者を選ぶことが大切です。また、対策後にシロアリが再発生した時のことを考えて、保証が充実している業者を選ぶのが良いでしょう。

撃退の方法

作業員

シロアリ退治の方法としては、バリア工法とベイト工法が一般的となっています。バリア工法の場合、直接建材に薬を散布する方法です。ベイト工法は、使う薬剤が少ないのでアレルギーや小さな子供がいる家庭でも安心です。