蜂やシロアリなど生活に潜む害虫退治をしよう│虫ナシ家に快適アリ

観葉植物

撃退の方法

作業員

バリア工法はシロアリ退治と予防が同時に可能

シロアリ退治をする時には業者に依頼するのが一般的となっています。業者によって退治方法は違ってきますが、基本的にバリア工法やベイト工法といった方法が一般的となっています。バリア工法はケミカル工法とも呼ばれる退治方法で、シロアリが住宅に侵入しないようにバリアを作る方法となっています。バリア工法の場合、すでにシロアリがいる場合でも、退治と予防を同時に行なうことができるのが特徴となっています。シロアリが近づかないように薬剤を散布する方法ですが、床下木材が腐るのを予防する効果も高いです。比較的低コストで行なうことができるのも魅力と言えるでしょう。

安心して行なえるベイト工法

薬を直接建物に散布するバリア工法に対して、建物の周囲で行なうのがベイト工法です。この場合、幼い子供がいる家庭やペットへの影響が心配という家庭でも安心して利用できるでしょう。また、バリア工法で利用する薬剤も業者によっては強烈な化学物質を利用している場合もあります。安全性を重視したいという人や、アレルギー反応が心配という人はベイト工法を選ぶのが良いでしょう。ベイト工法の場合、建物の周囲に専用の筒を埋め込みます。その筒にはシロアリ用の餌木が入っており、地中にいる虫も出入りできるようになっています。この餌木には、シロアリにとって毒となる物質が塗られています。餌を摂取したシロアリが巣に戻ることによって、住宅に潜むシロアリを全て退治することができるのです。ベイト工法の場合、少し高い費用が発生しますが、その分の高い効果が期待できるでしょう。