蜂やシロアリなど生活に潜む害虫退治をしよう│虫ナシ家に快適アリ

観葉植物

ハチの脅威

ハチ

まずは蜂の種類を特定しよう

蜂による死亡事故は毎年のように発生しています。毎年20人前後の人が蜂による被害で亡くなっているとも言われています。蜂は全国各地に分布している為、いつどこで蜂の被害を受けるか分かりません。穏やかな性格の種類から凶暴な種類まで様々な蜂がいます。蜂の巣を見つけた時には自分でどうにか退治しようとするのではなく、まずは退治の専門業者に相談してみると良いでしょう。蜂の巣の形によって、蜂の種類を特定することができます。特にスズメバチやアシナガバチは蜂の中でも凶暴な部類に属するので注意が必要です。アシナガバチの場合、こちらから何か行動を起こさない限り、基本的に攻撃することはありません。しかし、スズメバチの場合は凶暴なうえ敵の存在にも敏感です。近づいただけで攻撃してくることも多いので警戒が必要でしょう。

気温が低い時は退治しやすい

蜂による被害は基本的に暖かい時期に起こりやすいと言われています。暖かい時期に蜂は活発に活動し、寒い冬には巣に群がりやすいのです。その為、蜂を退治する時には低い気温の時期を狙って行なうのが良いでしょう。また、凶暴と言われるスズメバチも冬になると嬢王蜂以外の蜂は全て死滅すると言われています。その為、攻撃してくる蜂も少ないので退治のチャンスと言えるでしょう。しかし、蜂の退治がしやすいからといって攻撃されない可能性が無いとは言い切れません。危険を冒してまで蜂の巣退治を自分で行なう必要も無いのです。できるだけ安全に退治をする為にも、できるだけその道のプロに任せるのが賢明な方法と言えるでしょう。